コースの概要

  指圧治療家は、肩こりや腰痛などの筋骨格系の症状や、目や鼻、耳などの感覚器系、便秘や胃痛、高血圧、パニック障害などの内臓や自律神経系の不調にも対応出来ることが求められます。それぞれの症状に対して、胸腹部募穴や背腰部兪穴の診断按摩、切経、経絡テストなどにより、十二の経絡の中で病変している経絡を診断します。
その弱りのある経絡に対して、古典経絡や経絡指圧診断治療要図(増永経絡)の経絡走行に基づき、また表裏経、同名経、子午関係、経穴学などの治療理論から、症状に対する標治、根本原因となっている本治へと治療を行います。

また、中医学の証診断から、十二の臓腑の陰陽虚実を診て、指圧療法や按摩によって補瀉手技を行い、気の流れを調えていきます(調気手技療法)。
拇指や肘による安定持続圧(按法)や拇指揉捏(摩法)などによる治療手技で、経絡&中医学治療を実技を中心に学んでいきます。

経絡治療の基礎理論についての関連記事です

◇表裏経とは
◇同名経とは
◇12経絡を3つにグループ化するとは


学べる内容

・症状に対する経絡治療の基本的考え方
・診断按摩や切経とは
・経絡走行を治療に活かす要点
・経絡の表裏経、同名経、子午関係とは
・経絡の弱りを現す、背腰部兪穴や胸腹部募穴とは
・経絡テストの基本による、陰の症状と陽の症状の見分け方
・古典経絡と増永経絡の経絡走行と活用法
・症状改善効果のある経穴学
・中医学的な証の診方
・瘀血証や湿熱証に対する治療法
・腎陰虚と腎陽虚の違いとは
・ストレス社会、飽食の時代を生きる、現代人の治療のポイントとは
・治療反応(経絡反応)を起こす指圧法
・手技療法による虚実補瀉とは
・臓腑の相生相剋、病気(邪気)の転伝とは
・奇経治療の活用

こんな方におすすめ

・難解な東洋医学に困っている方
・指圧や按摩による経絡治療を学びたい方
・中医学的な治療を学びたい方
・古典経絡と増永経絡の違いを学びたい方
・経穴(ツボ)を使った治療を行いたい方
・プラスアルファのスキルを身につけたい方
・リラクゼーション系ではなく、治療系のスキルを学びたい方

受講対象者

・手技療法に関わる方

カリキュラム

◇経絡&中医学治療 全4回(2020年度)

講座内容水曜
経絡&中医学①首肩こり・腰痛・寝違え・ギックリ腰4/1(水)
経絡&中医学②坐骨神経痛・股関節痛・鼠径部痛・膝痛7/1(水)
経絡&中医学③五十肩・更年期症状・婦人科症状・便秘10/7(水)
経絡&中医学④眼症状・頭痛・鼻症状・風邪・耳症状・めまい1/13(水)

講座案内

◇時 間  ・<水曜コース> 全4回
      ・10:00 ~ 17:20(6時間 ※昼休憩60分、小休憩あり)
     
◇会 場  ・最賀鍼灸整骨院 (東急東横線 学芸大学駅から徒歩5分)
      ・住所 東京都目黒区鷹番1-14-23-1F  >>会場案内/アクセス
      ※会場への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。 

◇定 員  ・10名(先着順)

◇料 金  ・全4回一括払い 66,000円(税込)
       ※入金後の返金は致しませんのでご了承ください。
      
      ・1回ごとの参加  19,250円(税込)
      ※1回ごとの参加申込は、2020年2月1日から受付を開始しますが、一括払いの参加
       者で定員に達しましたら、お申込みを停止致します。
     
◇講 師   杉本 憲一 

申込みフォーム

◇経絡&中医学治療(2020年4月~2021年3月)