コースの概要

 関節運動学的アプローチとは、関節包内での骨の正しい動きを調整する治療法です(関節包内調整法)。自分では動かすことの出来ない関節包内の動きを改善する事により可動域の改善や疼痛の緩和が期待できます。

関節機能異常が起こると、その関節や遠隔部に”関連痛“が現れることがあるため、
症状は、関節の痛みだけではなく、筋・筋膜の痛みや神経痛のようなシビレ、頭痛、内臓の不調、運動機能の低下、冷え、重くダルいなど、様々な症状を引き起こします。
特に仙腸関節の機能異常は、殿部から下肢にかけて関連痛があらわれ、
また、過緊張連鎖(低緊張連鎖もある)といって、その機能異常は体幹や上肢の関節にまで及んでしまうため、仙腸関節の治療はとても重要となってきます。

関節運動学的アプローチによって、関節本来の動きを取り戻すことにより、筋出力もアップしますので、アスリートの競技パフォーマンスの向上や、高齢者などのADLの向上にとても効果があります。

このコースでは、全身の各関節の治療手技を学んでいきます。
関節包内運動の原理や法則を学び、手の当て方や刺激量、ベクトルなどのコツなどもお伝えしながら、実技を中心に行っていきます。

学べる内容

・全身の各関節の関節包内矯正を習得
・関節包内に力を働きかけるための力の方向や手指の当て方
・関節運動学(関節包内の骨運動の法則)の理解
・骨盤調整法の基礎となる仙腸関節の治療手技
・関節のアプローチを学ぶと、筋筋膜系の理解が深まる
・関節からの関連痛と治療反応(響き)
・スラスト系ではない関節の治療手技
・三関節原理などの関節の補正や協調関係(連動性)
・関節の遊びを感覚的に理解する(他の手技に活きてきます)

こんな方におすすめ

・関節に対しての治療アプローチや調整技術を習得したい方
・指圧、マッサージなどの他に、プラスアルファの治療技術を身につけたい方
・骨盤調整や三関節原理を応用した治療法を習得したい方
・関節運動学に基づく治療法を学びたい方
・スポーツ選手のケアに携わっている方
・関節拘縮の治療手技を学びたい方

受講対象者

・手技療法に関わる方

カリキュラム 

New◇関節運動学的アプローチ(2020年4月~2021年3月)

講座内容日曜
関節①仙腸関節①4/5(日)
関節②仙腸関節②・腰椎、下部胸椎の椎間関節5/17(日)
関節③上部胸椎の椎間関節・肩鎖関節・肋横関節6/21(日)
関節④頚椎の椎間関節・環椎後頭関節7/5(日)
関節⑤肩関節・胸肋関節・胸鎖関節9/20(日)
関節⑥肘関節10/18 (日)
関節⑦手関節・指関節11/15 (日)
関節⑧股関節1/17(日)
関節⑨膝関節2/21 (日)
関節⑩足関節・趾関節3/21 (日)

講座案内

◇時 間  ・<日曜コース> 全10回  10:00 ~ 12:00(2時間)
     
◇会 場  ・最賀鍼灸整骨院 (東急東横線 学芸大学駅から徒歩5分)
      ・住所 東京都目黒区鷹番1-14-23-1F  >>会場案内/アクセス
      ※会場への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。 

◇定 員  ・10名(先着順)

◇料 金  ・全10回一括払い 55,000円(税込)
       ※入金後の返金は致しませんのでご了承ください。
      
      ・1回ごとの参加  6,600円(税込)
      ※1回ごとの参加申込は、2020年2月1日から受付を開始しますが、一括払いの参加
       者で定員に達しましたら、お申込みを停止致します。
     
◇講 師   杉本 憲一 


申込みフォーム

◇関節運動学的アプローチ(2020年4月~2021年3月)