◇2020年度の講座案内はこちらです
◇講座案内(2020年度)ヴァージョンアップした新コースが登場!


中殿筋のトリガーポイントは、トリガーポイント療法の理論では、
腰痛の原因のトップに挙げられます。

※難治性の腰痛では大腰筋がトップ


3つのトリガーポイントからの関連痛は、

腰部仙腸関節股関節へと痛みが送られるため、
これらの症状には、必須の治療ポイントとなります。


中殿筋のトリガーポイントへの治療は、
かなり強い圧痛反応が起こりますが、


筋肉に防御反応が起こらない程度の強さで、硬結に対して垂直に圧が入ると、
患者さんは「これが自分の腰痛の原因なんだ!」と感じられる圧痛反応となります。


中殿筋は、主に身体の側面に付着し、股関節の外転作用があるため、
筋肉の性質的に、側臥位での施術の方がアプローチしやすいと思いますが、

伏臥位での施術でも、筋肉の走行をしっかりイメージして、垂直に圧を入れれば、
治療反応は起こります。

中殿筋第1トリガーポイント

第1トリガーポイントは、上後腸骨棘の外側辺りに形成され、

腸骨稜の上縁から下部腰椎部、仙腸関節辺りに痛みを送ります。

トリガーポイントが活性化すると、これらの部位の深部痛と感じられることが多いため、

腰部への指圧治療を行っても、患者さんは「そこが原因!」という感覚は得られません。


このトリガーポイントは、腸骨を受けにして、硬結の中心に向かって垂直に圧が入ると、

治療反応(響き)が起こり、腰仙部がフワッと軽くなる感覚が得られます。

中殿筋第2トリガーポイント

第2トリガーポイントは、第1トリガーポイントの外側(腸骨稜の下縁)辺りに形成され、

殿部の外側から下部にかけて痛みを送り、股関節痛と感じられる症状をあらわします。

患者さんが「腰ではなくてお尻が痛い!」と訴えていれば、このトリガーポイントの活性化を疑います。


腰痛治療の主役は、第1と第3トリガーポイントですが、
第2トリガーポイントが形成されていれば、そこで血流障害が起きているため、


第1TPと第3TPへの治療効果が十分に発揮されないことが考えられます。

腰痛へのアプローチでも、第2TPも治療ポイントと考えた方が良いと思います。


多くのケースで、第2トリガーポイントの圧痛や響きの反応があらわれているため、

真の原因とは考えられなくても、
腰下肢の症状では、必ず触察した方が良いと思います。

中殿筋第3トリガーポイント

第3トリガーポイントは、殿部外側の腸骨稜と大転子の間に形成され、

下部腰椎部から仙骨部に痛みを送ります。


このトリガーポイントが活性化していると、指圧での圧痛は激痛となりますが、
治療効果は高く、腰部だけでなく下肢も軽くなる感じが得られます。

※第1TPと第2TPは、大殿筋の下層にあるため、圧痛はそこまで強くはない。


それは、
中殿筋第3トリガーポイントの下層には、小殿筋第1トリガーポイントが形成されていることが多く、

垂直圧が深部まで到達すると、小殿筋のトリガーポイントへも治療効果を発揮するためです。


このトリガーポイントへの指圧法は、
側臥位で、股関節屈曲位と伸展位の両方で行い、響きの反応の強い方で治療を行うと良いと思います。


筋肉の伸展位と短縮位とでは、刺激が変わります。
“関連記事”
◇治療部位のセッティング/筋肉の伸縮と圧痛の4パターンとは

まとめ

中殿筋トリガーポイントは、
妊娠後期から起こる、腰痛や股関節痛の原因となります。


同様に、ウエイトオーバーや重量物を持ち歩く動作でも、この筋肉に負担をかけ、トリガーポイントの形成を促してしまいます。


また、長時間の立位で、片側の下肢に体重をかけ続ける、または椅子に座っている時に足を組む姿勢でも、
この筋肉に血流障害を生じさせ、トリガーポイントを形成させます。


中殿筋トリガーポイントは、
臨床上、腰方形筋TPと小殿筋TP、ヒラメ筋第3TPと連動して活性化しているケースが多いので、

このことも頭に入れて、治療を行うことが重要です。


2019年度のトリガーポイント療法コース(東京クラス)は、
日曜コース水曜コースともに
5月からスタートします。

◇トリガーポイント療法コースの詳細・お申込みはこちらです。


2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)