僧帽筋第1トリガーポイントの指圧法について、お伝えしていきます。


このトリガーポイントが活性化すると、
側頚部から側頭部、コメカミや目の奥、顎関節周囲にまで関連痛を送ります。


また、頑固な首肩コリや頭痛、めまいなどの症状にも関与しています。


書籍などには、上記のように説明されていますが、

実際の臨床では、

耳に響く、鼻が通る、肩甲骨内縁や上肢、奥歯に響くなど、
様々な個別反応を起こします。


このことから、
僧帽筋第1トリガーポイントは、肩甲間部から上の症状には、
全てに関与している
と思われます。


また、肩井穴と同様に、
腹鳴が起こったり、下肢の症状がある部位に響いたりという、経絡反応が起こることもあります。


長生療術では、
首から下の症状には、下頚部の脊椎の捻じれを矯正することが重要と言われていることから、

僧帽筋第1トリガーポイントへの治療効果は、全身に影響すると言っても良いと思います。


筋肉の連動性からみても、
僧帽筋が緊張していると、腹筋に力が入りにくくなるため、

それが腰痛の原因となっていたり、腰殿部の筋緊張や硬結から、
下肢にも症状があらわれたりという、

悪循環の大本となっている可能性もあります。

僧帽筋第1トリガーポイントの形成されやすい部位は、

下頚部から肩上部にカーブするところ(首肩のつけ根)です。

僧帽筋の弾力性がある、プニプニとした感触の部位から、筋硬結の中心に向かって垂直圧を入れていきます。


この時に、
筋硬結が、首肩のつけ根のカーブする部位の、どこに形成されているかによって、

圧の強さ(深さ)や垂直方向、手指の当て方などが変わってきます。


下頚部と肩上部では、圧に対する耐性や、受けとなる骨、筋肉の性質がそれぞれ違うからです。





僧帽筋第1トリガーポイントに施術を行う時は、

診断按摩として、
首肩のつけ根に軽い揉捏を行い、

①下頚部
②首肩のつけ根(カーブの中心あたり)
③肩上部(内肩井)

この3つのポイントのどこが一番硬結圧痛反応があるか、

また、按法(安定持続圧)を行った時に、
関連痛があらわれたり、愁訴の再現が起こるポイントを見つけ出す(感じ取る)ことが、
とても大切です。


その責任トリガーポイントから響きが起こる圧となった時に、
治療効果が最大になります。


2019年3月21日(木) にスタートする新コース
スキルアップセミナーの第1回目では、
肩井穴・僧帽筋第1トリガーポイントの指圧治療テクニック」を行います。
◇スキルアップセミナーの詳細・お申込みはこちらです。


セミナーでは、
肩井穴やその変動穴、僧帽筋第1トリガーポイントに対して、治療反応が起こる指圧法を、
経穴の知識や筋肉の解説を交えながら、実技を中心に行っていきます。

“関連記事”
◇肩井穴を捉えて響かすための3つのポイント
◇肩井穴と肩井の変動穴からの治療効果とは/肩井穴の指圧療法(応用編)


指圧塾で学べる講座

2019年度から東京クラスがスタートします。 >>会場案内/アクセス
1)指圧療法コース
2)経絡治療コース
3)トリガーポイント療法コース
4)AKA療法&関節モビライゼーションコース
5)スキルアップセミナー
6)特別講座




この記事をシェアして頂ける方は、こちらからよろしくお願いします。