大殿筋と中殿筋の指圧法の違いについて書かせて頂いた記事で、

大殿筋は伏臥位、中殿筋は側臥位の方がアプローチしやすいとお伝えしました。

◇大殿筋と中殿筋の指圧法の違いについてはこちらです。


筋肉の付着部位が、後面側面という違いや、
筋繊維の走行股関節に対する働きの違いがあるので、

それらの性質に合わせた体位で、施術を行うと良いのです。


ところが、人間というのは刺激に対する反応は千差万別であり、
指圧療法においても、基本的な考えはありますが、
「これが100%正解だ」という答えはありません。


例えば、大殿筋の指圧法を例にすると、


前述したように、伏臥位でのアプローチの方が、施術しやすいと言えます。
これは、基本的なパターンであって、

ギックリ腰や、胸部の圧迫感が苦手な人、高齢者などでは、伏臥位での施術が出来ない場合があり、
大殿筋の施術でも側臥位で行うことになります。


人間の体は、同じ姿勢が続くと血行が悪くなりますし、
治療を行う筋肉も、伏臥位と側臥位などと、体勢を変えて刺激を与えた方が、治療効果が高まることも考えられます。


◇大殿筋は、伏臥位では筋肉がやや短縮し、
側臥位で、股関節を軽度屈曲位とすると、筋肉は伸展します。

◇腰痛患者さんに対して、大殿筋に指圧を行うと、

伏臥位の方が、硬結圧痛反応が検出される場合と、
側臥位の方が、硬結圧痛反応が検出される場合とがあります。


このことを、あえてややこしく解説しますと、


伏臥位のパターンで、
①筋肉を短縮位にすると、硬結圧痛反応がある

②筋肉を短縮位にすると、硬結圧痛反応がない

側臥位のパターンで、
③筋肉を伸展位にすると、硬結圧痛反応がある

④筋肉を伸展位にすると、硬結圧痛反応がない


これは、東洋の知恵「陰陽論」の考えであり、


陰中に、陽あり陰あり 
 (陰中の陽・陰中の陰)
陽中に、陽あり陰あり
 (陽中の陽・陽中の陰)


全ての事象はこの4つのパターンに分けて考えることが出来ます。


肩コリ治療などでも、
代表的なツボである肩井穴や、僧帽筋第1トリガーポイントなどの肩上部を伏臥位で施術するときに、

患者さんの上肢の位置によって、
肩上部の筋肉は、伸展したり、短縮したりします。
そのことによって、筋硬結は緊張したり、緩んだりもするのです。


実際の治療では、患者さんの体質や症状に合わせて、
4つに分類される、どのパターンで施術を行うかを判断して、治療を行うことが大切です。




指圧療法の極意を学べるコース

3月17日(日)10:00 ~ 12:00
◇特別講座 指圧療法基礎コースの詳細・お申込みはこちらです。

2019年度 指圧療法コース
◇指圧療法コースの詳細・お申込みはこちらです。

スキルアップセミナー ~ 明日から活かせる指圧テクニック ~

3月スタート
毎月第3木曜日 19:00 ~ 21:00
会場 大田区産業プラザPiO

1回目の3月21日(木)は、
首肩コリ、頭痛、めまい、目や鼻、耳症状に必須の治療ポイントである
肩井穴・僧帽筋第1トリガーポイントの指圧法を行います。

◇スキルアップセミナーの詳細・お申込みはこちらです。

指圧塾で学べる講座

2019年度から東京クラスがスタートします。 >>会場案内/アクセス
1)指圧療法コース
2)経絡治療コース
3)トリガーポイント療法コース
4)AKA療法&関節モビライゼーションコース
5)スキルアップセミナー
6)特別講座