2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座


肩上部の肩井穴周囲に、痛みやコリ感を訴える症状では、4つの経絡の病変が考えられますが、

陽明経(胃経・大腸経)と少陽経(胆経・三焦経)に大別して治療を組み立てていくことが出来ます。


今回は、少陽経(胆経・三焦経)の病変による肩コリ治療に、効果を発揮する「裏三里」というツボを紹介します。


背腰部の兪穴診や、胸腹部の募穴診によって、
胆経や三焦経に弱りがあらわれている場合は、少陽経の病変として治療を行います。

その他の診断方法としては、
頚部の側屈に伸展制限があったり、耳の症状や、中指や薬指に異常がある場合などでも、少陽経の病変が考えらえます。


これらのケースによる肩コリに対して、前腕の経絡治療から症状改善を狙う場合には、
手の三焦経からアプローチを行うと効果的です。

三焦経の経穴では、
中渚や外関、支溝、四瀆、天井などと、治療効果の期待出来る多くの要穴がありますが、

正穴ではない「裏三里」という”ツボ”の硬結圧痛反応を診ることは、とても重要です。

裏三里

裏三里とは、
その名の通り、大腸経の経穴である「手三里」の裏あたりに位置するツボです。


“裏”と表現してますが、
上肢の解剖学的正位であらわすと、手三里の内側となります。

「三焦経の経絡走行上で、手三里の高さ」という具合に取穴をします。


丁寧に触察(診断按摩)を行うと、スジ状の硬結に触れ、強い圧痛反応があります。

患者さんは、
肘や手首に症状があるわけではないのに、「なぜ?こんなに痛いのか!と驚かれることが多くあります。


この治療ポイントを「裏三里」として、
肩上部に詰まっている邪気を追い払うように、瀉法の指圧を行います。


痛くて気持ちの良い圧(快圧)で、
経絡の走行に対して平行に揉捏する縦揉捏や、小さい円を描くような揉捏法が効果的です。
※円を描く方向は、このケースでは、”外回し”が瀉法となります。


裏三里を適度に刺激したら、肩上部の硬さや圧痛が軽減しているかを確認してみてください。


治療効果は、症状が半減していれば十分に効果ありといえます。

治療後に、よく水分を摂取して、排尿や排便がなされて、睡眠をしっかりとったあとに、
さらなる治療効果があらわれます!


肩コリ治療に「裏三里」の瀉法の指圧を、ぜひ行ってみてください。

2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)