指圧塾10月の基本手技コースと経絡治療コースの受講生を募集します。


基本手技コースでは、伏臥位での下肢後側部、側臥位での肩上部・頚部の指圧法を行います。
下肢後側部の指圧法は、経絡治療では膀胱経や腎経、トリガーポイント療法ではハムストリングスやふくらはぎの筋群のトリガーポイントを捉える技術となります。


大腿部や下腿部の後側を、内側、正中、外側と3つのラインに分けて施術を行いますが、それぞれの筋肉の性質や丸みなどを考慮して垂直に圧を入れる練習を行います。


肩上部と頚部は側臥位で行います。この体勢ですと肩上部が広い面として捉えやすく、色々な角度から垂直圧を入れられます。


首肩こり治療に重要な肩井穴や、僧帽筋、肩甲挙筋のトリガーポイントを捉える技術となります。


頚部では、横突起ラインの硬結に垂直圧を入れる練習を行います。
伏臥位とは違った刺激を与えることができるので、側臥位での治療をマスターすると上肢のシビレや五十肩など、治療の守備範囲が広がります。


経絡治療コースでは、膝痛の治療法を行います。


膝痛は、膝蓋骨の前面や内側部の痛みが多いですが、疼痛部位が下肢に流れる六経の、どの経絡上にあらわれているか臓腑の弱りを診て治療を行います。


治療する経絡が判断できれば、膝痛に対して背腰部をはじめ全身から治療することが出来ます。

その他、中高年や高齢者などの体質的な特徴も学んでいきます。


◇基本手技コース  10月12日(木) 19時 ~ 21時
          10月29日(日) 10時 ~ 12時
◇経絡治療コース  10月26日(木) 19時 ~ 21時
           10月29日(日) 13時 ~ 15時


基本手技コースでは、講習開始前に、拇指圧と拇指揉捏の基礎練習を行っています。(無料)
参加希望の方は、講習開始30分前にお越しください。
各コースの申し込みはこちらからお願いします。

◇基本手技コース >>
◇経絡治療コース >>