2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座


骨盤帯周囲へ痛みを送るトリガーポイントとして、
今回は、腰方形筋を取り上げてみます。


腰方形筋に形成されるトリガーポイントは、
浅層部と深層部とでは、関連痛パターンが異なります。


身体の側面で、肋骨と腸骨をつなぐように付着していますが、
この筋肉は”腹筋群”に分類されます。


激しい転倒を経験されたことのある方では、
衝撃の影響や、瞬間的に強く筋収縮を起こすため、
トリガーポイントが形成されていることが多くあります。


筋肉の一部が横隔膜に付着するため、呼吸とも関連しています。

また、
長期間にわたり、腰方形筋のトリガーポイントが活性化していると、
気分障害を起こすともいわれており、

自律神経や精神面にも影響を及ぼし、不定愁訴の原因の一つとなっている可能性があります。


今回は、骨盤の異常に影響を与える、関連痛のパターンをお伝えします。

腰方形筋 ー 浅層部



浅層部に形成されるトリガーポイントが活性化すると、

殿部の上部や外側に痛みを送り、その部位の血流が悪くなるため、
殿筋群のパフォーマンスを落とし、仙腸関節や股関節に機能異常を起こす原因となります。

腰方形筋 ー 深層部




深層部に形成されるトリガーポイントが活性化すると、

仙骨部や仙腸関節あたり、殿部の下部に痛みを送り、
やはり血流障害をまねき、骨盤帯の機能に異常を起こす原因となります。

まとめ

・図では示されていませんが、浅層部と深層部のどちらのトリガーポイントでも、ソケイ部から大腿前面にかけて痛みを送ることがあるので、頭に入れておいてください。


・この筋肉自体には、あまり自覚症状をあらわさないので、疼痛部位や、体幹の側屈の運動制限、腰部のくびれの消失、脚長差などをよく観察して、触察によりトリガーポイントの形成を確認して下さい。


・中殿筋のトリガーポイントが沈静化すれば、連動して腰方形筋のトリガーポイントも沈静化することが多いのですが、慢性化している症状であれば、この筋肉へも時間をかけて、直接アプローチを行うと、より効果的です。


・骨盤調整として、仙腸関節への関節運動学的アプローチを行っても効果が無い場合や、中殿筋トリガーポイントの指圧を行い、圧痛と響きを得られても、殿部やソケイ部の症状が改善しない場合などでは、腰方形筋のトリガーポイントから治療反応を起こすと効果的です。




これらの、腰方形筋トリガーポイントの知識を持っておけば、
骨盤を歪ませる、隠れた存在を見つけることが出来るようになります!

2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)