2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座


「列缺」というツボは、手の太陰肺経の経穴で、絡穴でもあるため、
表裏経の大腸経との結びつきが強く、肺経・大腸経の両方が慢性的に不調な状態などでは、
治療穴として用いることがあります。


任脈の主治穴となりますので、
身体の前面正中ラインの症状にも有効といわれており、
胸骨部や前頚部のこわばり感や違和感などの治療に有効です。


また、
カゼの初期症状で、風寒邪が表層で悪さをしている時には(表証)、
合谷と組み合わせて治療を行うと、改善効果があります。


その他の症状で、
列缺が優れた治療効果を発揮するのは

項部(後頭部・後頚部)にあらわれる不快症状に対してです!


四総穴の一つである列缺は、
合谷や委中、足三里という、他の3つのツボと比べて、少し地味な印象がありますが、

「後頭部が痛い」、「首の後ろが気持ち悪い」、
「後頭部に何か貼りついている感じ」、「首の後ろが重くダルい」などと訴える症状には、

列缺の治療はとても効果的です。


四総穴の理論では、列缺は「項部の症状に効く」といわれています。

後頭部や後頚部の痛みでは、
太陽経(膀胱経・小腸経)や、腎・膀胱経の病変と診立てて治療をすると、
良くなることが多いですが、


首をギクッと痛めたわけではなく、通常の首肩コリとも少し違う、
頚部の可動域はいつもと変わらないのに重くダルい、
運動や体操をしてもスッキリしないなどの不快症状があり、

首肩まわりの筋肉をよく緩めても効果がない場合では、

列缺を丁寧に触察(診断按摩)すると、
激痛ポイントがあると思いますので、

患者さんが、力まず耐えられる程度の圧で、
縦揉捏や外回しの揉捏、安定持続圧などと、

刺激を変えながら、
両側に治療を行ってみてください!


即効性はないことが多いですが、
治療反応が起こり、時間差で効いてくると思います。

項部の症状に対しての、
選択肢の一つとして、活用してみてください。


2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)