2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座




指圧療法による骨盤調整ということで、
骨盤を歪ませるトリガーとなる筋肉について、お伝えしていきます。


3回目の今回は、左右(水平回旋)の歪みについてです。

“関連記事”
◇骨盤を歪ませるトリガーとなる筋肉とは①/前傾・後傾の歪み編
◇骨盤を歪ませるトリガーとなる筋肉とは②/挙上・下制の歪み編


左右の歪みは、
立位での体幹の回旋や仰臥位で膝を立て左右に倒す可動域、
正座を崩した横座りや足を組むクセなどで診ていきます。


体幹の回旋は、腰椎ではなく、
股関節や胸椎の運動が大きく関与してきます。

身体を捻じったり、股関節の外旋・内旋といえば、
外・内腹斜筋や梨状筋を含む外旋六筋、大腿筋膜張筋などが挙げられますが、

大きな力を発揮する筋肉ではないので、
骨盤を歪ませる原因筋とは考えにくいと思っています。

もちろん、歪みが長期化してクセが強まっていれば、
これらの筋群も緩めないと改善はしていかないと思いますが、

もっと力の強い筋肉からアプローチを行った方が、
左右(回旋)の歪みは調整されていきます。


実際の治療では、
前傾・後傾の歪みや、挙上・下制の歪みの原因となっている筋肉の中で、

特に筋緊張や硬さが強い筋肉を触察して、治療対象として選択していくと、
左右(回旋)の歪みが改善していく効果が期待出来ます。


この歪みがある患者さんを観察すると、

脊柱起立筋の緊張や硬さには、左右差が顕著にあり、
殿部でも、左右のお尻の大きさに違いが出ています。


ゴルフやボーリングなど、メインで使う筋肉に偏りがある運動を長期で行っている方や、
横座りや足を組むクセなどがある方は、

そのアンバランスな筋肉や骨格のまま、日常生活も送りますので、
歪みはどんどん固定化されてしまいます。


背腰部や殿部、大腿部の筋肉の左右差を診て、
トータル的に施術を行い、バランスを調整していくような治療法が良いと思います。

その中でも、
一番の硬結圧痛反応を示す筋硬結を見つけることもポイントです。

私の治療経験では、
中殿筋腰方形筋、腰部の腸肋筋大腿筋膜張筋などが、
特に硬くなっているケースが多く、重要な治療筋肉となります。


特に大腿筋膜張筋は、

頑固な骨盤の歪み(立体回旋の歪み)を持つ患者さんでは、必須の治療ポイントになるように思います。



この筋肉は、
股関節痛やソケイ部痛などの症状が出ない限り、
あまり自覚症状をあらわさない筋肉ですが、

拇指や肘で圧を入れていくと、かなり強い圧痛を出し、

股関節周りが軽くなる感じや、可動域の拡大など、
大きな治療効果を得られます。



また、
大腿筋膜張筋の血流障害が改善されることにより、
慢性的な腰痛や坐骨神経痛などの治療にも効果を発揮します。


集中的に施術を行い過ぎると、オーバードーゼとなり、
リバウンド症状が強く出ますので、

患者さんが耐えられる程度の圧痛で、施術を行って下さい。




骨盤を歪ませるトリガーとなる筋肉について、
前後・上下・左右の歪みに分類して、説明してきましたが、

治療院に来院されるほどの症状を持つ患者さんの場合は、
この3つの歪みが複合しているケースが多いと思いますので、

どの歪みが一番強く出ているのか、
緊張や硬結の強い筋肉は何かを、

動診や触察などで診ていき、治療を行ってください。


筋肉に対しての指圧療法による骨盤調整理論が、
皆さんが行っている骨盤療法のプラスアルファの知識となって頂ければ嬉しく思います。


2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)