指圧療法のもとになった古法按摩には、按法と摩法があります。

按法とは、拇指や手根、肘などを用いて安定持続圧を行うこと
摩法とは、手指を動かしながら行う手技のことで、広義の意味ではストレッチや関節運動、脊椎矯正なども含まれますが、ここでは狭義の意味で、拇指や手根を用いる揉捏法のことを言いたいと思います。

特に治療師として最も大事なことは、患者さんに対して、痛くて気持ちの良い圧で治療効果を生み出す拇指持続圧と拇指揉捏が上手に施せることです。
そのためには3つのポイントがあります。

① 垂直を捉える

筋肉や骨格の性質、形状に対して垂直に圧を入れることが重要です。
身体の各部位には丸みやへこみがあります。その凹凸の全ての面に対して垂直に圧を入れるのが基本となります。硬結やツボの中心、身体の中心に向かって圧を入れることによって治療反応(経絡反応)が起こります。

② 適切な深さに圧を入れる

圧は強弱というよりも、深さで考える事が大切です。
治療反応が起きる深さに圧を到達させるためには、最適な深さに対して、浅くては物足りなく感じ、深く入れようと強く押してしまうと、生体は防御反応が起きて圧の浸透をブロックしてしまいます。深部まで圧を浸透させるには、ツボやトリガーポイントに対して安定した持続圧をかけることが大切です。

③ 体重のかけ方

施術面にフィットするように柔らかく手指を当て、力で押すのではなく相手に寄りかかるように、もたれかかるように体重をかけます。
拇指や手根に真っすぐ力が伝わるように、手の力ではなく、肘や肩から、もっと言えば腰(腹)から力を伝えていくイメージで相手に踏み込んでいくように体重がかかっていくと、圧が深部まで浸透し、全身へ響いていきます。


>>
・すべての治療師が学ぶべき3つのポイント
・選ばれる指圧治療家になるための3つのアプローチ
・指圧治療家として身に付けたいスキルアップの極意

さらに指圧を学ぶなら

指圧塾は、「治療効果を最大にするための指圧法」を実技中心に学べる講習会です。
指圧治療家として身に付けたいスキルを体系的に継続して学ぶ事ができます。
ベッド4台を完備。各コース定員8名の少人数制で個人のレベルに合わせて徹底指導いたします。

◇指圧塾で学べる講座
 1)基礎コース・・・各コースの【基礎】を学べます
 2)指圧療法コース
 3)経絡治療コース
 4)トリガーポイント療法コース
 5)AKA療法コース(準備中)