◇3/4(水),3/29(日)開催
【トリガーポイント療法の体験講座】

◇3/4(水),3/8(日),3/19(木)開催
【骨盤療法の体験講座】




首肩コリや五十肩、手首の痛みなどの症状に対して、

仙腸関節に関節運動学的アプローチ(関節包内調整)を行うと、

筋緊張の緩和や疼痛の軽減、関節可動域の拡大などの治療効果があらわれます。

仙腸関節の機能異常は、
上半身や上肢の症状の原因ともなっているということです。

このことは、
仙腸関節からの、
関節軟部組織過緊張連鎖」として考えていきます。


腰殿部や下肢の症状は、
仙腸関節からの関連痛としてイメージしやすいですが、

仙腸関節に歪みが生じると、
その緊張は、
全身の関節へと連鎖していくのです。

基本的には、
同側の関節に連鎖していきますが、

反対側の仙腸関節へは連鎖をしますので、
症状が長期化すると、全身へ影響していくことになります。





例えば、
左側の五十肩の場合、

一次性の関節機能異常は、同側の仙腸関節から起こると考えますが、

元々の腰痛や下肢の症状が右側にあったとすると、

仙腸関節も、
右側の機能異常が根本的な歪みとなっている可能性があるのです。


仙腸関節への各種検査法や運動テストを行い、
左右どちらの関節に機能異常があるのかを調べたり、

テスト的に両側の仙腸関節に治療手技を行ってみて、
症状部位に変化が現れるかを診て、機能異常を判定していくと良いと思います。


関節運動学的アプローチでは、
脊柱や四肢などの関節の機能異常は、2次性に起こると考え、
身体の土台である仙腸関節の機能異常を最重要視していきます。

関連痛や過緊張連鎖ということを理解していると、
骨盤を調整していく意義がはっきりとして、全身の症状に対応することが出来るようになります。


※画像は「仙腸関節機能障害 AKA-博田法による診断と治療」より引用

◇2/20(木),3/4(水),3/29(日)開催
【トリガーポイント療法の体験講座】

◇3/4(水),3/8(日),3/19(木)開催
【骨盤療法の体験講座】


NEW 講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
1)◇骨盤療法
2)◇指圧療法(トリガーポイント編)
3)◇トリガーポイント療法(症状別治療法)
4)◇経絡&中医学治療(症状別)