◇3/4(水),3/29(日)開催
【トリガーポイント療法の体験講座】

◇3/4(水),3/8(日),3/19(木)開催
【骨盤療法の体験講座】


立位で、体幹の前屈をして、腰痛や下肢に痛み、シビレなどの症状があらわれていれば、

仙腸関節の前屈機能異常を疑います。


骨盤の歪みとしては、
前後(前傾・後傾)の歪みと診て治療を行います。


ここで、ポイントとなるのは、
骨盤が見かけ上、前傾と後傾のどちらの歪みでも、

体幹の前屈痛は、起こり得るということです。


治療では、
この前屈痛を改善させる目的で、
骨盤調整を行なっていきます。


関節運動学的アプローチでは、
仙腸関節の前屈機能異常に対する治療手技を行いますが、





その前段階として、
前屈の動きを制限していると思われる筋肉をよく緩めていきます。


骨盤帯に付着する筋肉で診ていくと、
脊柱起立筋や多裂筋、大殿筋、大腿二頭筋などがメインとなってくると思います。


また、
例えば、前屈したときの症状が、
下肢後側の痛みだとすれば、

トリガーポイント療法では、
小殿筋第2トリガーポイントの沈静化が重要となってきます。





大殿筋を緩めている時に、
小殿筋第2トリガーポイントへ持続圧を行い、下肢によく響かせます


経絡治療的には、
前屈の伸展制限は、腎・膀胱経の弱りと診て治療を行っていきます。


背腰部の、
腎兪志室膀胱兪などに、診断按摩を行なって、一番の硬結圧痛反応を調べ、治療穴とします。



脊柱起立筋を緩めているときに、
腎・膀胱の治療を行う視点を持っていると良いですね。


また、下肢の腎・膀胱経の要穴に対して指圧療法を行い、
前屈の伸展制限にアプローチしていきます。

まとめ

このように、
骨盤の歪みに対して、様々な角度からアプローチを行うことで、
骨盤の調整効果を高めることが出来ます。

“あれもこれも”と色んな手技を行うことは、良しとはしませんが、
患者さんの症状や体質に合わせて、治療法を選択出来ることが大切です。


骨盤療法「治療理論編」セミナーを開催します!
日時 2020年1月26日(日) 10:00 ~ 16:30
料金 9,900円(税込)
会場 大田区産業プラザPiO 「C会議室」
◇お申込みはこちらから
骨盤療法「治療理論編」セミナー

◇2/20(木),3/4(水),3/29(日)開催
【トリガーポイント療法の体験講座】

◇3/4(水),3/8(日),3/19(木)開催
【骨盤療法の体験講座】


NEW 講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
1)◇骨盤療法
2)◇指圧療法(トリガーポイント編)
3)◇トリガーポイント療法(症状別治療法)
4)◇経絡&中医学治療(症状別)