2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座




腰痛に対する経絡的アプローチ法の一つとして、
「経絡テスト」を行い、病変経絡を診ていく方法があります。


腰を動かしたときに、
どの動作によって愁訴があらわれるのか?


具体的には、
立位で、腰部の前屈と後屈、側屈、回旋を行ってもらい、
経絡の伸展制限を診ていきます。


この伸展制限で、症状の陰陽も診ていくことが、
病変経絡の診断や治療穴の選択にとても重要となってきます。


症状の陰陽とは、

・痛い、つっぱる ➡ 陽経の症状
・重い、違和感  ➡ 陰経の症状

として診ていきます。


実際の腰痛治療では、
背腰部や殿部、腹部の筋緊張や硬結をよく緩めた上で、
以下に説明する、経絡経穴を重点部位として指圧療法を行うと良いと思います。

前屈痛

腎・膀胱経の伸展制限











・背腰部 ➡ 腎兪、膀胱兪、志室
・殿部  ➡ 胞肓、秩辺
・下肢  
 膀胱経 ⇒ 委中、飛陽、崑崙、申脈
   腎経  ⇒ 陰谷、太谿、照海

後屈痛

脾・胃経・(腎経)の伸展制限
※腎経は体幹では腹部を走行するため、後屈での伸展制限もあらわれる。











・背腰部 
➡ 脾兪、胃兪、意舎、胃倉、腎兪、志室
・殿部  ➡ 日本環跳
・下肢  
胃経 ⇒ 足三里、上巨虚、陥谷、内庭
  脾経 ⇒ 衝門、三陰交、公孫
  腎経 ⇒ 陰谷、太谿、照海

側屈痛・回旋痛

肝・胆経の伸展制限










・背腰部 ➡ 肝兪、胆兪、魂門、陽綱
・殿部  ➡ 中国環跳
・下肢  
 胆経 ⇒ 陽陵泉、足臨泣、侠谿
  肝経 ⇒ 太衝


まとめ

上記のようにまとめてみると、シンプルに体系化されます。

①腰部の動診から、経絡の伸展制限を診る
②愁訴から、陰経の症状か、陽経の症状かを診断する
③硬結圧痛反応のあるツボに指圧療法を行う


実際の臨床では、
多種多様な腰痛の症状があると思いますが、

経絡テストの基本を押さえておくと、
いかようにも活用することが出来ます!


2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)