五十肩の痛みで悩んでいる方は少なくないと思います。

緩解までの期間は、平均で1年間位とも言われており、
長い間、患部の痛みや可動域制限で苦しむことになります。


患者さんにとっては、
可動域の問題よりも、痛みが辛いと訴える方が多いようです。

夜寝ている時も、
夜間痛(自発痛)や寝返り時の痛みで目が覚め、睡眠不足となり、


そのせいで、
慢性的な肩こりや腰痛が悪化したり、
ストレスも強くなるので、自律神経の働きが乱れ体調を崩したりと、

五十肩の痛みが原因となって、悪循環が生まれてしまいます。


東洋医学では、
「本治より標治を先とせよ」という言葉があるように、

五十肩の症状に対しては、
痛みに対するアプローチが最優先だと思います。


そこで、
肩関節周囲へ痛みを送るトリガーポイント体系を知っておくと、
五十肩への守備範囲が広くなります。


肩関節痛のエリアを3つに分けます。

肩関節前面の痛みには、

棘下筋、広背筋、大胸筋、小胸筋のトリガーポイント

棘下筋TPの形成部位と関連痛パターン




















外側の痛みには、

棘上筋、棘下筋、斜角筋のトリガーポイント


棘上筋TPの形成部位と関連痛パターン









後面の痛み
には、

小円筋、大円筋、肩甲下筋、上腕三頭筋第1TPなどのトリガーポイント


肩甲下筋TPの形成部位と関連痛パターン























これらのトリガーポイントへの治療がメインとなってきます。


丁寧に触察していき、ジャンプサインを注意深く観察して、
活性化しているトリガーポイントを見つけ、

不快な痛み(拒按)を与えない程度の圧で、
安定持続圧(按法)を行い、トリガーポイントを沈静化させます。


一回の治療で痛みの度合いが、10 → 0 というわけにはなかなか難しいですが、

定期的に治療を行うことで、
痛みは、3割減、半減となってくれれば、患者さんのストレスもかなり緩和され、
体調も良くなっていきます。


また、
五十肩の治療で大切なのは、
トリガーポイントの関連痛パターンとは合わなくても、
ローテーターカフの筋硬結を治療することで、
可動域の拡大や、肩関節周囲が軽くなる感じなどの効果が期待出来ます。


患者さんの訴えている痛みの真の原因となる、
一番の責任トリガーポイントを見つけ、
適切な圧による指圧療法を行うことが出来れば、
症状緩解までの期間を早めることへつながると思います。


※画像は、書籍「誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方」から引用

トリガーポイント療法コース

2019年11月6日(水) 10:00 ~ 17:20
「斜角筋・ローテーターカフ・胸筋・上肢筋群のトリガーポイント療法」

◇トリガーポイント療法コースのお申込みはこちら

Twitter

Twitterで、経絡治療、トリガーポイント療法、関節包内調整法などに関する
知識をシェアしてます。
良かったらフォローお願いします!

アカウント名 指圧塾・杉本憲一
ユーザー名  @shiatsu_juku