仙腸関節障害に対する、AKA療法での治療についてお伝えしていきます。


腰痛や股関節痛、坐骨神経痛などの症状があった場合、
仙腸関節の機能異常があると考えられますが、関節の異常ではなく、

脊柱起立筋(最長筋・腸肋筋)や大殿筋、中殿筋、小殿筋、梨状筋などのトリガーポイントの活性化による関連痛としての症状の可能性や、


経筋病として診ていくと、
足の太陽経筋病(膀胱経)や足の少陽経筋病(胆経)などが疑われます。


もちろん、トリガーポイントが形成、活性化している筋肉が付着している骨で構成される関節では、
可動域制限や拘束、機能異常が起こることも考えられるため、

関節へのAKA療法(関節包内調整)やモビライゼーション、アーティキュレーションという関節へのアプローチを行うことによって、

筋肉に形成されているトリガーポイントの沈静化や経絡反応(響き)が起こり、症状の緩解が期待出来ます。


しかし、
仙腸関節そのものに障害がある場合、
筋肉や経絡的なアプローチだけでは、症状が改善していかないタイプの人がいます。

そのような症状は、仙腸関節障害があると考えられ、

評価や検査として、

・ニュートンテスト
・上後腸骨棘の圧痛
・仙結節靭帯の圧痛
・長時間の立位や座位での疼痛増悪

など

これらの兆候を診て、仙腸関節の状態を把握します。


仙腸関節障害を認めるケースでは、

手技の刺激量や強さなどには、十分注意が必要ですが、
仙腸関節のAKA療法が良く効きます


上部離開法、前屈上方滑り法、前屈下方滑り法、後屈上方滑り法、後屈下方滑り法、
このメインとなる5つの手技を、
刺激量に気をつけながら、根気よく少しずつ動かしていきます。


関節というのは、関節運動学に基づいた正しい動きを行っていくと、関節包内の潤滑が良くなり、
拘束が解放され、滑らかな動きを取り戻してきます。

すると、その関節を構成している骨に付着している筋群の過緊張が緩み、血流が促進され疼痛が緩和し、筋肉も正常のパフォーマンスを取り戻し、仙腸関節の安定性が良くなっていきます。


仙腸関節障害のケースでは、
「骨盤を調整する」、「骨格を矯正する」という意識よりも、

関節内の潤滑を良くし、正常な機能を取り戻すという意識で、
仙腸関節のAKA療法を行うと、自然治癒力によって、症状が緩解へと向かっていくと思います。



“関連記事”
◇仙腸関節のAKA療法の効果とは / 個別の治療反応 / 関節包内矯正の活用とは

◇腰痛治療に対する仙腸関節のAKA療法の基礎理論とは/腰部の動きと仙腸関節の機能異常の関係について


☆受講生を募集しています
AKA療法&関節モビライゼーションコースは、
東京クラスで、日曜コースは4月からスタート、水曜コースは6月からスタートします。

仙腸関節の主要な治療手技は、それぞれ1回目の講習会で行います。

◇AKA療法&関節モビライゼーションコースの詳細・お申込みはこちらです。

◇指圧塾で学べる講座
2019年度から東京クラスがスタートします。 >>会場案内/アクセス
1)指圧療法コース
2)経絡治療コース
3)トリガーポイント療法コース
4)AKA療法&関節モビライゼーションコース
5)スキルアップセミナー
6)特別講座




この記事をシェアして頂ける方は、こちらからよろしくお願いします。