◇2020年度の講座案内はこちらです
◇講座案内(2020年度)ヴァージョンアップした新コースが登場!


現在、2020年度のカリキュラムを作成中ですが、
長い間!?(15年間位ですが)研究、実践してきた骨盤調整の治療技術やアプローチ法をお伝えしていきたいと思っております。


100人の患者さんがいれば、100パターンの症状があると思いますので、
骨盤調整の治療法を体系化しているわけではありませんが、

経絡治療や関節運動学的アプローチ、トリガーポイント療法、オステオパシー、操体法などを学び、実践してきた中で、
骨盤帯へのアプローチ法に、道筋が見えてきたように思えます。


骨盤を調整するにあたって重要な視点は、
仙腸関節だけではなく、恥骨結合や股関節、腰椎椎間関節を複合的に(連動させて)診ていくことです。


関節運動学に基づき、関節包内の調整を行い、
機能異常を改善する治療アプローチと、

骨盤帯周囲を走行する経絡の虚実や伸展制限(経絡テスト)、体質的弱りを診る中医学的な証診断なども重要となってきます。


また、骨盤の異常は、婦人科症状との関連も強いことから、
それらに対応する中医学的治療や経穴学も、知識として持っていると守備範囲が広がります。


筋・筋膜療法では、トリガーポイント理論がありますが、
骨盤帯へ痛みを送る、各筋肉の責任トリガーポイントの沈静化も、症状改善へつながります。

さらには、
骨盤帯の機能を不調にさせる「トリガー的な筋硬結」が、腰殿部や大腿部に存在していることが、臨床を通じて実感してきました。

関節運動学的アプローチでいえば、
仙腸関節の関節機能異常から「過緊張連鎖」が起こり、全身の各関節へ機能異常が二次的に起こることが
わかっています。

過緊張連鎖だけならともかく、「低緊張連鎖」というのもあり、
関節を構成する靭帯が緩んでしまうことによって、痛みやシビレ、筋肉に張りがなくなる(自覚症状)などの異常が発症することもあります。

仙腸関節の機能異常や、恥骨結合の歪みや緩みというのは、
筋骨格系の問題だけでなく、自律神経の働きも大きく関係しますので、

骨盤帯以外の部位へも目を向けることも大切です。


仙腸関節の過緊張や低緊張の連鎖が起こるケースでは、

筋(スジ)系へ働きかける中医学的治療。

弛緩と緊張や、身体のバランスを整えるような「操体法」。

仙腸関節を緩ませ過ぎない施術や、弛緩した恥骨結合を締める施術というのも
必要となってきます。


按摩でいうところの、按法と摩法。
指圧での虚実補瀉という、陰陽的な物の見方(診方)というものが、
我々治療家には求められます。


様々な角度から、骨盤帯へのアプローチについて論じてきましたが、
患者さんが抱えている問題の根っこをしっかりと診たうえで、
どのような治療法を選択して、どれくらいの刺激量で手技を施すのが良いのか、

皆さまが普段行っている骨盤療法に、プラスアルファのスキルとして、
私の経験や技術がお役に立てれば嬉しく思います。


骨盤療法コースの詳細・お申込みはこちら
◇骨盤療法コース

・全10回の一括申込を開始しました。
・各回ごとの参加申し込みは、2020年2月1日から行いますが、
 全10回一括申込みの参加者で、定員に達しましたら募集を停止させて頂きます。



2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)