2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座




トリガーポイントというのは、
筋肉の起始部や停止部、筋腹部など、さまざまな部位に形成されます。


真の原因となるものや2次的に形成されるものなどがありますので、
今回は、3つのトリガーポイントの分類をお伝え致します。

セントラル・トリガーポイント

「筋腹」と表現することもありますが、
セントラルというように、
筋肉の起始部と停止部のちょうど真ん中(中央部)辺りに形成されるトリガーポイントのことです。


筋肉の中央部は、収縮時に大きな力が働く部位となりますので、
トリガーポイントは、この中央部から形成されることになります。

よって、
トリガーポイント療法では、セントラル・トリガーポイントを最も重視します。


例えば、五十肩の患者さんで、
肩関節の外側部に痛みを訴えている場合、

棘上筋のトリガーポイントの活性化が考えられますが、

筋肉の中央部あたりを、丁寧に触察していくと、
硬結圧痛反応のあるポイントを見つけることが出来ます。

※TPの触察では関連痛(響き)を重視しますが、棘上筋TPへの指圧では、遠隔部への響く感じがあまり得られないように思います。













このセントラル・トリガーポイントを、
よく緩めて沈静化させることで、症状の改善が期待出来るのです。

付着部トリガーポイント

筋肉の起始部や停止部、
または、筋腱移行部あたりに形成されるトリガーポイントのことです。


このトリガーポイントは、
セントラル・トリガーポイントが形成された後に、2次的に形成されると言われています。


セントラル・トリガーポイントが形成され、その部位の筋繊維が短縮しますと、
筋の付着部あたりにも張力がかかり、慢性化するとトリガーポイントが形成されてしまうのです。


これも棘上筋を例にあげると、

上腕骨(大結節)の停止部辺りに触察を行うと、
豆状の硬結を見つけることがあります。


この付着部トリガーポイントに指圧を行うと、
患者さんは「先生、そこです!」という治療反応を教えてくれることがあります。

自覚症状の再現であったり、痛む部位に手を当ててもらったという感覚が、
治療の満足度を高めてくれる効果も期待出来ます。


形成部位の特徴として、
「関節が痛い」とか、「骨が痛む」などの訴えがあった場合は、
付着部トリガーポイントの活性化が考えられます。


このトリガーポイントは、
セントラル・トリガーポイントからの影響を受けていますので、

セントラル・トリガーポイントに治療を行い沈静化させれば、
付着部トリガーポイントからの痛みは消失することが多いです。

サテライト・トリガーポイント

最も症状の原因となっている「責任トリガーポイント」からの関連痛によって形成されるトリガーポイントを、
サテライト・トリガーポイントといいます。


関連痛が送られている部位も、血流障害が起こりますので、
2次的にトリガーポイントが形成されてしまうのです。


五十肩では、
三角筋にもトリガーポイントは形成されていますが、

ほとんどのケースで、
棘下筋や棘上筋、斜角筋などの、
責任トリガーポイントからの関連痛の影響で形成されたものが多いようです。


治療では、
責任トリガーポイントを沈静化させることで、
サテライト・トリガーポイントも沈静化していきます。

まとめ

このように、トリガーポイントの種類や特性を理解しておくと、
真の原因となっているトリガーポイントを狙って治療を行えるようになります。


「コリ」があるからといって、
“あっちもこっちも”押しているのでは、効率が悪いばかりでなく、
患者さんの身体にも負担をかけてしまいます。



上述の内容は、あくまで理論上の話しとなりまして、
実際の治療現場では、教科書通りにはならない個別反応も多く見られます。


腱の部分を緩めると、筋腹が緩むということはよくありますし、

経絡治療では、
関節の近くに、治療効果の高いツボが多く存在します。


膝痛の治療では、
大腿直筋の筋腱移行部辺りに形成される第1トリガーポイントが重要となり、

首の痛みでは、
肩甲挙筋のセントラル・トリガーポイントが最も治療効果が高いとされます。


症状の部位や性質、患者さんの体質、生活環境などによって、
責任トリガーポイントの形成部位に違いがありますので、

問診では、
現病歴や既往歴、仕事で酷使する部位、スポーツでのオーバーユースなどのこともよく聞き、
必要な検査を行った上で、治療ポイントを選択することが大切となります!

2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)