2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座




肩外兪と肩中兪という経穴は、
小腸経のツボで、

取穴法の定義はありますが、

大まかに、

・肩外兪 ⇨ 肩甲骨上角のキワ
・肩中兪 ⇨ 大椎と肩甲骨上角の間


上背部から肩上部にかけての丸みのある部位にツボは配置されています。


首肩コリを訴える方で、
この部位に症状があらわれていれば、

経絡的には、
太陽経(膀胱経と小腸経)の弱りと診ます。


頚部の古典経絡の走行でいえば、
後頚部の正中ライン近くに膀胱経が走行しており、

経絡指圧診断治療要図(増永経絡)では、
側頚部(横突起ライン)に小腸経が走行しているため、

これらの部位に、痛みやコリ感があれば、
肩外兪や肩中兪が治療穴となってきます。


筋肉の付着や走行とあわせて診ていくと、
肩甲挙筋の起始部近くとなるため、

寝違えのように、
痛みのために首が動かせないという症状にも、治療効果を発揮します。


肩外兪に硬結圧痛反応があり、
垂直に持続圧を行うと、
拇指や示指に響きが起こることがあります。

経絡は、
小腸経なので、主に小指に関連するのですが、

これは、
肩甲骨内縁に並ぶ経穴(膀胱経2行線)の、
附分、魄戸、膏肓、神堂が、

それぞれ、
示指、中指、薬指、小指に響きやすいことから、

経絡的というよりは、
身体の構造的(位置的)な関連だと考えられます。

※このことは、関節運動学的アプローチを学ぶとよくわかります。


頑固な肩コリで、
肩外兪や肩中兪あたりに、強い筋緊張があり、この部位を入念に施術しても、なかなか筋硬結が緩まない症状があります。

この症状は女性に多く見られ、
卵巣反応といって、
女性特有の肩コリ症」と診て治療を行う必要があります。


増永経絡の走行でも、
この部位には小腸経が走行しています。





小腸経は、瘀血の証があらわれやすく、
婦人科系の不調から起こる肩コリは、

肩外兪と肩中兪あたりの筋肉が、盛り上がるように強く緊張して、慢性的な辛い肩コリとなります。


経絡指圧の治療では、
腰部にある「卵巣反応ゾーン」に、
深く圧を浸透させて、肩コリの部位に響かせて治療反応を起こしていきます。


卵巣反応ゾーンは、
腰部の腸骨稜の上縁で、
腰方形筋の停止部あたりに位置してます。

この部位からの経絡走行は、
小腸経として、肩外兪・肩中兪あたりに通じているため、

女性の肩コリ症には、
重要な治療ポイントとなってきます。



まとめ

肩外兪と肩中兪というツボの、硬結圧痛反応は、
太陽経(膀胱経・小腸経)の病変と診て、
頚部では、
古典経絡の膀胱経や、増永経絡の小腸経の症状の治療穴としたり、

女性患者さんには、婦人科系の不調からの肩コリも考慮して、

この部位に強い筋緊張があった場合は、
腰部の卵巣反応ゾーンの施術も、あわせて行うことが大切となります。

2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)