湿熱証に対する瀉法の指圧についてお伝えしていきます。



瀉法というのは、邪気を取り去る治療法のことです。

※不足している気を補うのは補法。



湿邪というのは脾胃で作られてしまい、熱化して湿熱邪となったり、

湿熱邪の原料となってしまうアルコールや甘い物の大量摂取によって溜まっていき、

経絡に乗って全身に運ばれてしまいます。



そこで、中医学的に考えてみますと、

湿熱邪が溜まってしまう、脾経と胃経に対してアプローチしていくことになりますが、

脾胃の働きをコントロールしているのは、肝の疏泄作用によるものなのです。



この肝と脾胃との関係性は、木剋土の関係であり、

臨床上、相生相剋の理論では、木剋土の症状から始まることが一番多いと思われます。



アルコール摂取による肝臓への負担や、パソコン作業による眼精疲労などから、肝の働きが悪くなっていたり、



また、なぜ飲み過ぎや食べ過ぎとなってしまうのかと考えてみると、

空腹だからということではなく、ストレスによって、肝の疏泄作用が乱れているために、制御が効かずに飲み食いしてしまうのです。



まず、治療すべき臓腑は、
脾と胃の働きをコントロールしている肝なのです。



治療は、肝の疏泄作用というコントロールセンターを正常化させて、

湿熱邪の製造工場である脾胃にアプローチしていくことになります。



肝気鬱血といって、
肝はストレスなどによって、気が鬱しています。(気が詰まって滞っている)

脾と胃も、湿熱邪が詰まっているわけですから、


去邪といって、
肝と脾胃に対して、邪気を取り去る瀉法の指圧を行います。

臓腑の働きが弱っているからといって、決して気が不足しているわけではないのです。(補法ではない!)



実際の指圧療法では、

肝の気の巡りを改善するのに、一番良く効く経穴である、

太衝を治療穴とします!

太衝に十分に瀉法の指圧を行なったあと、


治療反応が起こりやすい、下腿の胃経と脾経に瀉法の指圧を行います。



瀉法というのは、
経絡の流れに逆行する方向に圧を入れていくことがポイントです!



圧の入れ方や離圧のタイミング、持続圧の適切な秒数、ピンポイントなツボの取穴法など、
細かい技術面のお話しは、講習会でお伝えしていきます。



そして、
胃経と脾経の中で、湿熱邪を取り去る作用の強い経穴は、

胃経では、足三里と豊隆
脾経では、陰陵泉と地機です。

これらの経穴を重点に瀉法の指圧を行うと、

湿熱証に対する本治法となるのです。



もちろん、
背部兪穴の、肝兪や胆兪、脾兪、胃兪、

それらに対応する、膀胱経2行線の経穴である、
魂門や陽綱、意舎、意倉。



これら8穴(両側で16穴)の中で、一番硬結圧痛反応のあるツボに対して、垂直圧による安定持続圧(按法)を行うのも、

湿熱証に対する本治法となります。


“関連記事”
◇現代病の原因となる湿熱邪とはこちらです。

◇目の症状の原因となる肝胆湿熱証とはこちらです。



太衝や、胃経と脾経に対する垂直圧の指圧法は、

指圧療法コース①と②で、4月に行います。
◇指圧療法コースの詳細・お申込みはこちらです。

また、経絡治療コースでは、
湿熱邪を取り去る治療について、随所でお伝えしていきます!
◇経絡治療コースの詳細・お申込みはこちらです。

◇指圧塾で学べる講座
2019年度から東京クラスがスタートします。 >>会場案内/アクセス
1)指圧療法コース
2)経絡治療コース
3)トリガーポイント療法コース
4)AKA療法&関節モビライゼーションコース
5)スキルアップセミナー
6)特別講座