2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座




頭半棘筋のトリガーポイントは、筋肉の上部と下部の2ヵ所に形成されて、
コメカミや側頭部、後頭部に関連痛を送ります。


この筋肉は、ストレスなどによる交感神経の緊張や精神疾患によっても、筋緊張が強くなりますので、
筋硬結を緩めることが出来れば、リラックス効果が高まります。

頭半棘筋のトリガーポイントの触察技術や響かす指圧法を習得されると、
患者さんの施術後のスッキリ感が大きく変わってきます!


第1トリガーポイント(上部TP)は、
後頭骨下縁あたりか、停止部付近(上項線と下項線の間)に形成されます。


関連痛は、
コメカミや側頭部、または頭部側面(耳の上あたり)を半円状に痛みが送られます。





安定持続圧を行うと、
目や耳、鼻、眉間などにも響くことがあり、関連痛パターンには個別反応が色々とあります。




この筋肉は、
上部胸椎から後頭骨にかけて付着していますが、
筋肉は、正中ラインの近くを走行しています。

深層部の筋肉となりますが、
拇指による軽い圧で、筋繊維に対して直交するように「横揉捏」を行うと、筋束を感じ取ることが出来ます。

この揉捏法により、
後頭骨にへばり付いているような筋硬結を触察出来れば、
それが第1トリガーポイントです!


拇指頭をトリガーポイントに当て、
硬結の丸みや、一番硬さを感じて圧痛が強く出る方向に、垂直に圧を入れると良く響きが起こります。


細かく触察を行うと、
筋硬結の中心と内側、外側では圧痛反応や、響く部位に違いがあります。

内側からの指圧には、眉間や鼻によく響き、
外側からは、目の奥に響くと言われる方が多いです。

このことは、
経絡治療的に考えていくと、見えてくるものがありますので、
また別の機会で、お伝えしたいと思います。


繰り返しになりますが、
強いストレスをお持ちの方には、必須の治療ポイントとなり、
この筋肉の血流障害が改善されれば、頭の中がスッキリ爽快になります!


第2トリガーポイント(下部TP)は、
C5,C6高位の下頚部に形成され、
関連痛は、後頭部に送られます。





後頭部痛は、僧帽筋第2トリガーポイントからの関連痛と区別が難しいですが、
後頭部に痛みを訴える方には、かなりの確率でこのトリガーポイントが形成されているように思います。


触察法としては、
やはり、正中ライン近くを縦に走行する筋束を感じ取り、
その下頚部に存在する筋硬結を見つけます。

伏臥位での指圧時は、
押圧によって、喉に圧迫不快感を与えないように気をつけて下さい。

拇指頭で筋硬結を捕えたら、頚椎の椎弓を受けにして、ベクトルを微調整しながら、
丁寧に圧を入れていくと、快圧となり後頭部に響き、
患者さん自身も、「自分の頭痛の原因はそこだ!」と感じられます。




伏臥位になった時に、
頚椎の前彎が増強してるタイプの方や、
後頚部の筋肉に張りがなく委縮しているような方に対しては、
側臥位で施術を行うと良いと思います。


後頚部の筋肉のトリガーポイント療法は、
頭板状筋や頚板状筋、頭半棘筋などとありますが、それぞれのTP形成部位と関連痛パターンを理解させると、
頭痛や目、鼻、耳症状の治療が得意となってきます。

2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)