2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座




後頚部の経絡に対して指圧療法を行うときに、
古典経絡と経絡指圧診断治療要図(増永経絡)の走行を診ていくと、
施術ラインがわかってきます。


古典経絡では、
後頚部に膀胱経と胆経が走行しています。
膀胱経は、天柱のライン。
胆経は、風池のラインとなります。


2本の経絡ともに陽経となりますが、
症状が慢性化していれば、「陽にあらわれる症状は、陰の弱りから起こる」と考えますので、

天柱のラインは、腎の弱り、
風池のラインは、肝の弱りが根本原因となります。


治療効果は、
それぞれの臓腑や、目・鼻・耳の症状などにもよく効きます。


増永経絡では、
膀胱経と三焦経、胆経の3つの経絡が走行しています。

胆経は治療上、その外側を走行する肝経とセットで診るのがコツですので、
ここでは「肝胆経」と表記します。


後頚部を切経していくと、基本施術ラインは3本取れますので、(経絡は変動するので、施術ラインは無数にあるが)

後頚部の指圧療法では、
増永経絡をベースに施術を行うと、治療の幅が広がると思います。


膀胱経

最も正中寄りの膀胱経は、
パニック発作やウツ症状、季節や気圧の変化で不調になるなどの、自律神経系の症状をお持ちの方は、硬くなっていることが多いです。

反対に、
不良姿勢や筋力低下、前頚部(胸鎖乳突筋、斜角筋)の筋緊張によって、
膀胱経ラインが、力がなく筋の張りが弱っていることもあります。

このケースでは、
根本原因の腎の弱りへのアプローチが大切となります。

三焦経

膀胱経の外側には、三焦経が走行しています。

このラインは後頚部の中でも、手指を当てやすく、最も施術が行いやすい部位となります。

慢性的な首肩コリをお持ちの方は、
頚部の三焦経への指圧療法は、とても気持ちがよく感じられます。


三焦経は、
筋膜や粘膜などの「膜系」の症状や、津液の循環などと関係が深いと考えます。

脳のご病気などで、開頭手術を経験された方などでは、この三焦経が重要な治療経絡となります。

後頚部の経絡は、どの経絡も目の症状には有効ですが、

三焦経は、網膜や角膜などの症状との関連が深いと考えます。

肝胆経

三焦経の外側には、
胆経と肝経が並んで走行しています。

この2つの経絡は、表裏経でもあるので、
治療上(施術上)セットで診ていきます。

このラインの施術(切経)が最も難しいと思います。
筋肉の隆起があるわけではなく、「気の流れる溝」のようなラインを触察で感じとっていく必要があります。


この経絡上に隠れる硬結(ツボ)をとらえて、安定持続圧を行うと、
目や頭に良く響きます。

ひどい頭痛持ちの方や、目に持病がある方、一日中パソコン仕事をやる方など、
頭顔面部に慢性的な強い症状がある方には、

肝胆経の治療を重点的に行うことで、自然治癒力を高めることが期待出来ます!




後頚部の経穴といえば、後頭骨下縁に配置される、
天柱と風池、完骨、そしてこれら3つのツボの変動穴が要穴となり、

症状や病変経絡に対して有効なツボを選択して治療を行います。

それにプラスして、
後頚部を走行する3つの経絡ラインを切経して、
経絡の虚実や指圧による響きの反応を診て、
症状の原因となっている「虚のコリ」を見つけ出し、治療を行うことが大切です。

2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)