2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座


大腿四頭筋とは、大腿直筋・中間広筋・内側広筋・外側広筋の4つの筋肉のことで、大腿前面を広く覆っています。

大きく力の強い筋肉で、膝痛治療に重要な経穴やトリガーポイントがあります。



仰臥位になると、骨盤の傾斜にもよりますが、大腿骨がやや前側にカーブしており、圧に対する受けが浅くなります。
また、身体の前面の筋肉ということもあり圧痛の閾値が低いため、拇指圧で行うときは急激な力をかけないように漸増していきます。

圧に対して過敏で、筋緊張が起こってしまう場合は拇指圧ではなく手根圧迫で施術すると良いと思います。



大腿骨の形状や筋肉の厚みに合わせて垂直を捉えるのですが、仰臥位では大腿骨はやや外旋位になっていることが多いため、圧の方向は単純にベッド方向というわけではありません。四頭筋の各筋肉も楕円形をしていますので、これらを考慮して垂直に圧を入れていきます。



特に内側広筋と外側広筋の施術面は、斜面となるため硬結が捉えにくいので、拇指揉捏を行い硬結の感触や筋肉の形状を感じ取ってから、拇指圧を行うと良いと思います。


講習会では、施術者の立ち位置や拇指の当て方、体重のかけ方などの指圧法のポイントもお伝えしていきます。

2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)