頭板状筋トリガーポイントの指圧法について書いていきます。


頭板状筋は下位頚椎の項靭帯と上位頚椎の棘突起から起始して、側頭骨の乳様突起と後頭骨上項線の外側部に停止する筋肉です。


胸鎖乳突筋もそうでしたが、頭板状筋の停止部は、側頭骨と後頭骨の両方に付着しています。
これは、クラニアル・マニピュレーション(頭蓋療法)の考えでは大きな意義があります。


この筋肉が緊張を起こすと、側頭骨と後頭骨の縫合部での微細な動き(CRI ⇒ クラニアル・リズミック・インパルス)が阻害され、脳脊髄液の循環が悪くなると考えます。


オステオパシーでは、脳脊髄液の循環は一次呼吸と考えますので(肺での呼吸は二次呼吸)、
頭蓋骨に付着する筋肉を緩める事はとても重要なのです。


頭板状筋は、解剖図を見てイメージ出来ると思いますが、筋肉はV字に走行しています。



この筋肉の指圧法のポイントは、
乳様突起の下辺りから下頚部に向かってV字に走行していく筋束を、触察で感じ取りながら垂直圧を入れていくことです。


頭板状筋のトリガーポイントは、C1,C2高位に形成されやすく、トリガーポイントが活性化しますと、頭頂部に関連痛を送ります。


このトリガーポイントへの垂直圧は、硬結の芯を捉えると、かなり強い圧痛が生じるのが特徴で、頭部に良く響きます。

後頭下筋群の、上頭斜筋や下頭斜筋と重なる部分もありますが、後頭下筋群への指圧法は、後頭骨下縁を潜るような角度で垂直圧を入れていくのに対して、


頭板状筋の指圧法では、V字の走行を拇指で感じ取りながら、硬結を後頭部に向けて素直に圧を入れていくと、頭板状筋の硬結を捉えることが出来ます。

もしくは、その筋硬結をV字の走行に沿ってやや下方に向けて圧を入れても、響く圧となります。

”関連記事”
◇後頭下筋群の指圧法で知っておくべき3つのポイントとは


硬結は丸みがありますので色々な角度から中心を狙えますし、圧を受けてくれる骨や深層部の筋肉の形状によって、効き方や響き方が変わってくるのです。



このように、一つのトリガーポイントに対して、指圧法にヴァリエーションがあると、刺激に変化がつけられて、
治療効果が高まります!



◇指圧塾で学べる講座
2019年度から東京クラスがスタートします。 >>会場案内/アクセス
1)指圧療法コース
2)経絡治療コース
3)トリガーポイント療法コース
4)AKA療法&関節モビライゼーションコース
5)スキルアップセミナー
6)特別講座