2020年度のレギュラー講座はこちらです
◇講座案内(2020年度)
特別講座はこちらです
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)
◇ワンコイン体験講座




前回に続きまして、骨盤を歪ませるトリガーとなる筋肉について、書いていきたいと思います。

今回は骨盤(腸骨)の高さや脚長差、腰部の側屈の運動制限などで注目する、上下の歪みについて関与する筋肉を取り上げます。

“関連記事”
◇骨盤を歪ませるトリガーとなる筋肉とは①/前傾・後傾の歪み編/指圧療法による骨盤調整

上下の歪み(挙上・下制)

◇中殿筋





・股関節の外転筋となります。上下の歪みに関しては、筋硬結の形成頻度の多さや治療効果の高さから見ると、
治療の中心的な筋肉となると思います。

・腰痛や股関節疾患には、必須となる治療筋肉ですので、骨盤を調整する効果は高いと思います。



・私が診させて頂いている患者さんで、仙腸関節の関節包内調整を行っている最中に、「コツン、コツン」と骨が動くような反応が起きる方がいます。
手技のあとに、潤滑して緩んだ仙腸関節を適度に締める目的で、中殿筋に指圧を行うと、同じように「コツン、コツン」という反応が起きるのです。(※中殿筋の筋硬結を緩めている時にも同様の反応が起きます)
このことから、硬くなった筋肉を緩めたり、また、弛緩している筋肉に適度な緊張を持たせるように、指圧療法を行うことで、骨盤は調整されていくことがわかります。

・身体への作用的には、深層部に付着している小殿筋も協調して働きます。手技としては、中殿筋から持続圧を行えば、小殿筋へも自動的にアプローチがかかりますので、併せて診ていくことが出来ます。


◇腰方形筋





・腸骨に付着する筋肉で、体幹を側屈させる働きがあるため、慢性的に硬くなっていると、上下の歪みのクセが強まると思います。中殿筋と併せて治療を行うと効果的です。

・婦人科症状の反応がよくあらわれる筋肉ですので、骨盤への影響も大きいと考えます。



・美容的な視点で診ても、腰の”くびれ”が左右非対称の方は、骨盤の上下の歪みがあると考え、腰方形筋へのアプローチが必要となってきます。

・上下の歪みがある方は、骨盤を挙上と下制させるエクササイズを行って、日頃からこの筋肉を緩めておくことが大切です。


◇内転筋群





・長・短内転筋は恥骨に、大内転筋は坐骨に付着していますので、施術では起始部からの筋束を明確に意識して治療を行ないます。

・股関節の内転筋群となりますが、この筋肉は加齢とともに筋力低下が顕著にあらわれ、血流障害から筋肉に張りが無くなります。そうなると外転筋群との拮抗バランスが崩れ、上下の歪みが生じてくると考えられます。

・内転筋群の異常は、ソケイ部の痛みとして現れたり、また、長・短内転筋は恥骨のズレに関与しています。
 ➡ 恥骨も上下に歪みを起こします。

・恥骨結合に問題がある場合は、腰殿部や仙腸関節の治療だけでは、なかなか改善が難しくなります。恥骨筋腹筋群も含めて、内転筋群へのアプローチが重要です。

・内転筋群に筋緊張があれば、十分に緩めて頂いてOKですが、血行不良や筋力低下などにより、筋の弾力性が乏しければ、
オーバードーゼには気をつけてください。この筋肉のリバウンドは強くあらわれ、症状を増悪させることがあります。


まとめ

上下(挙上・下制)の歪みに対する筋肉への指圧療法では、
主役は中殿筋だと思います。

歪みのクセが強かったり、慢性化していれば、腰方形筋や内転筋群の状態も触察して確かめたり、
指圧による響きや硬結圧痛反応、筋肉の弱りなどを診て、適切な刺激量で治療を行うと良いと思います。

大腿骨頭の術後や、先天性股関節脱臼、膝関節のOAなどの器質的要素がある場合の、上下の歪みに対しては、
その患者さんにとってのバランスを大切に考え、治療を行ってください。


それぞれの筋肉の施術部位に、効果的な治療ポイントがありますが、

おおむね、
各筋肉に形成されるトリガーポイントや、経穴(ツボ)を指標として、
治療を行うと良いと思います。



次回は、左右(水平回旋)の歪みに関与する筋肉を取り上げていきます。


2020年度の講座案内

◇ヴァージョンアップした新コースが登場
・年間お申込みは開始しております。※各コース定員10名
・各回ごとのお申込みは、2020年2月1日からスタートします。
 ※年間申し込みで定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。

◇骨盤調整の知見を広める講座を開催します
◇骨盤療法「治療理論編」セミナー(座学)の詳細・お申込みはこちら

◇新講座をワンコインで体験出来る特別講座を、
2020年2月に、①トリガーポイント編、②経絡治療編、③関節運動学的アプローチ編の、全3回に分けて開催します。
詳細・お申込みはこちらです >>> ◇ワンコイン体験講座

1)NEW◇トリガーポイント指圧
2)NEW◇経絡按摩&経絡指圧
3)◇関節運動学的アプローチ
4)NEW◇骨盤療法
5)NEW◇トリガーポイント療法(症状別)
6)◇経絡&中医学治療(症状別)
7)NEW◇関節運動学的アプローチ(症状別)